レシチンを継続的に摂取して認知症の進行を遅らせよう

レシチンを継続的に摂取して認知症の進行を遅らせよう

ウーマン

レシチンの特徴

レシチンは卵や大豆に含まれる脂質です。特に大豆由来のレシチンはコレステロールを含まないので注目されています。水と油の両方の性質を持っているため天然由来の乳化剤としてアイスクリームやチョコレートには欠かせない存在になっています。

サプリ

レシチンを多く含む食品

レシチンは卵、大豆、肉などに含まれています。卵黄レシチンなど何から取られたものかで名称が変わり区別されます。特に大豆由来の食品に多く含まれ納豆や豆腐からでも接種できます。コレステロールを含まない大豆レシチンは体に必須の成分として注目されています。

服用

サプリメントで摂取するメリット

卵黄で摂取しようとするとコレステロールが心配になります。普段食べるものに大豆を取り込みたいところですが毎日となるとハードルが上がりついつい忘れてしまいがちです。サプリメントを使えば確実かつ定期的にレシチンを摂取することができます。

錠剤

レシチンの摂取が推奨されている理由

レシチンを摂取すると肝臓の脂質生成を抑制してくれ、肝臓疾患を予防することができます。重ねて脳の活性に必要なアセチルコリンの原料となるコリンの供給源にもなります。コリンがきちんと摂取できている人は言語記憶、視覚記憶に優れているとされ、体だけでなく脳にも良い影響をもたらします。

レシチンが脳にもたらす良い効果3選

サプリとコップ

脳の機能改善ができる

アセチルコリンの生成元となるコリンは体内ではほとんど生成されません。食事から摂取する必要がありますがレシチンはコリンの効率の良い供給源となってくれます。アセチルコリンが活性化することで脳機能の改善が望めます。

アルツハイマー型認知症を緩やかにする

アルツハイマー型認知症の方はアセチルコリンの活性が少ないと言われています。レシチンを摂取することでアセチルコリンの不活性を防ぎ、アルツハイマー型認知症の進行を緩やかにすることができます。

脳内血管をきれいにする

血中のコレステロールを減らす効果もあるので血管内を綺麗にする効果も持っています。脳の血管が詰まることが原因の脳卒中などの病気を防ぐことができます。ただし卵黄レシチンに頼ると減らしている以上のコレステロールを摂取しているので注意が必要です。

広告募集中