骨粗鬆症が発症する前に予防することが大事

骨粗鬆症を放置するとどうなる?

骨がもろくなる骨粗鬆症を放置すると骨折の原因になります。転んだ時に手足の骨を折りやすくなる上に、脊椎の骨はつぶれるように少しずつ症状が進行していきます。一度起きると連鎖して周りの骨も折れやすくなるので注意が必要です。

骨粗鬆症の効果的な予防方法

レディ
no.1

カルシウムを摂取する

骨を強くするのに必須な栄養素はカルシウムです。乳製品や大豆製品などから良質のカルシウムを取りましょう。吸収効率を上げてくれるビタミンDと一緒に摂取できるとより効果が高まります。

no.2

骨密度を高める

骨密度を高める成分としてMBPがあります。牛乳などにふくまれるたんぱく質で骨芽細胞を活発化させ、カルシウムを付着させやすくします。また砕骨細胞の働きを調節して骨のカルシウムが必要以上に流れ出るのを防ぎます。

no.3

適度な運動をする

骨は負荷がかかると骨を作る細胞が活発になる性質を持っています。日常の中で少しでも運動する習慣をつけましょう。一緒に筋肉も鍛えられると骨を支えてくれ、骨にかかる負担が減ります。

no.4

日光を浴びる

カルシウムの吸収を促進するビタミンDは食品だけでなく日光を浴びることで皮膚からも作られます。夏なら日陰で30分程度、冬なら窓際で1時間程度当たるだけで十分です。

no.5

スナック菓子やアルコールを避ける

カルシウムの吸収を妨げたり、消化するためにカルシウムを使ってしまう成分を摂取するのを避けましょう。タイミングや量に気を付ければ該当の食品を食べながらでも予防はできます。バランスに気をつけましょう。

骨粗鬆症が発症する前に予防することが大事

ジョギング

骨粗鬆症に効果的な食品

カルシウムが重要なのはもちろんですがバランスよく栄養を摂取することが必要です。カルシウムの吸収を促進するビタミンDやマグネシウム、ビタミンKなどと一緒に摂取できると効果的です。食品での摂取が難しい場合はサプリメントを使うとより効果を期待できます。

男性

サプリメントを使った予防方法

カルシウムをサプリで取れば骨粗鬆症の予防に効果的です。選ぶ際は卵殻カルシウムが原料として使われているものを選びましょう。微細な穴が開いており、通常の炭酸カルシウムより表面積が大きいので吸収率のいいサプリです。

骨

骨粗鬆症の治療方法

自分でできる治療法は予防に必要なこととほとんど変わりません。カルシウムを中心としたバランスの良い食事をし、適度に運動をしましょう。症状が進んでいる場合は医療機関に相談すると治療薬を出してくれます。骨が壊れるのを防ぎ、骨を作るのを助ける薬を処方してくれます。

ジョギング

骨粗鬆症の治療にかかる費用と期間

時間はかかりますが治療は可能です。根気よく薬を飲みましょう。点滴で投与するものや1年に一度の投薬で済むものも開発されています。治療費の大半を占めるのは薬代なので自分が使える費用と時間と相談をしましょう。

発症前の予防が大切

発症するまでに積み重ねてしまった生活習慣が原因のほとんどです。定期的に骨密度を計るなどして体調と同様に注意を払いましょう。バランスの良い食事を心がければ日常生活の中で予防できます。

広告募集中