健康食品とサプリメントの違い

異なるのは形態だけ

健康食品に明確な定義はありませんが一般に健康に良い食品のことをいいます。その中でもサプリメントは、錠剤やカプセルの形をした健康食品のことを指すので異なるのは形だけです。

習慣的に飲める方を選ぶ

健康食品もサプリメントも一定期間継続して摂取する必要があります。日頃の食事の中に取り込みたいときは健康食品、食事を変えずに薬のように飲みたいときはサプリメントがおすすめです。

糖尿病にはヘモグロビンa1cがおすすめ

ヘモグロビンa1cとは血液中のヘモグロビンと、ブドウ糖が結びついたものです。過去1~2か月の血糖値を反映して上下するので値が直前の数字に左右されません。数値も大切ですが1か月前、2か月前の値と比べて変動幅を見ることも重要です。糖尿病の指標となる値なので気になる方は継続的に検査をしてみましょう。

糖尿病予防に最適な栄養成分ランキング

no.1

インスリンとカルシウムの関係

糖尿病はインスリンの働きが低下すると発生します。カルシウムが不足すると正常にインスリンが分泌されず、血液中にブドウ糖が溢れた状態が発生します。インスリンのコントロールにはカルシウムが重要な役割を果たします。

no.2

ビタミンBの相乗効果

カルシウムとの相乗効果はまだ明確になっていませんがビタミンDもインスリンの分泌を促す働きをしています。重ねてカルシウムの吸収を高める役割もあるのでカルシウムと一緒に取ると効果的です。

no.3

乳酸菌のサポート

有効成分は全て腸から吸収されます。腸内フローラをしっかり育てて有効成分を逃さないようにしましょう。重ねて食事の際に乳酸菌を摂取すると血糖値の上昇が緩やかになります。

エクオールやヘモグロビンa1cの値を安定させるサプリメントを摂取!

サプリ

エクオールを積極的に摂取した方が良い理由

大豆イソフラボンから体内でエクオールを作れるかは自分の腸内フローラにエクオールに変換できる菌がいるかにかかっています。この菌がいるかを調べるのはまだ難しいですが日本人は一般にあまり多くないと言われています。変換効率にムラがある大豆イソフラボンを摂取するよりもエクオール直接摂取する方がサプリメントの効果は高く出るケースが多いです。

ヘモグロビンa1cの持つ効果

ヘモグロビンa1cが高いことは直近何か月かの血糖値が高いことを示します。値が直前の食事に影響されないのが特徴です。健康診断の時にたまたま血糖値が低いと見逃されがちな初期の糖尿病もこの値で発見することができます。数値が高い状態を放置しておくと糖尿病に合わせて合併症を発症し知らない間に命を危険にさらしていることになります。

マカに含まれる成分と効能

マカにはアミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、日々頑張る体を応援してくれます。アンデス地方の高地で生産されているマカはアンデスの人参と呼ばれ元気の源として親しまれている食品です。自然食品で安心して摂取できる上に、ドリンク剤などの成分であるアルギニンなども含まれており活力を与えてくれる成分として注目されています。

日常的にマカのサプリを服用している人達の声

寝覚めがよくなった

季節に関わらず朝起きられないことが多く、起きてからすぐ動けないため頻繁に遅刻していました。マカを飲み始めてからすっきりと目覚めることができ朝から活力一杯で活動できます。

毎日元気に生活できる

満員の通勤電車に詰め込まれるだけでへとへとでしたがマカの力で職場まで元気にたどり着けるようになりました。夕方仕事が終わるまで集中力を保って作業ができるのはマカのおかげと感じています。

大事な仕事でばてない

重要なプレゼンがある度に熱を出しており、体質改善の意味も込めてマカを飲み始めました。風邪をひきにくくなりここぞというところの体調も万全に整えられるようになりました。

運動が習慣になった

運動したい気持ちはあったのですが何だか気持ちが乗らず、日々の元気を求めてマカを飲んでいます。体が軽くなり、今では毎日犬の散歩に出かけられるようになりました。

家事だけでくたびれない

午前中に家事を済ませた後、昼寝をしないと夕飯を作ることができませんでした。お昼の時間を有効に使える力がほしくてマカを飲みます。活発に動けるようになり昼の時間でヨガ教室に通い始めました。

広告募集中